仙台四郎

明日の天気が心配な私です。
会う人からイベント頑張ってね!と嬉しい言葉をかけていただき
本当にありがたく思っています。

今日は寝れるかなあ。
頑張ります!!明日もしこられる方がいらっしゃいましたら
私はフラフラいないこともあるので、ご連絡いただけると嬉しいです。

仙台四郎さん知ってますか??
何を突然。。。なんですが
仙台四郎さんと私の父親そっくりなんです。

仙台四郎さんの色紙が売っているのですが、
それを知らなかった私は
家にあった仙台四郎さんの色紙をずっとずっと父の自画像だと
思っていました(笑)
写真によっては似てませんが。。。

で、そんな私の父の話。

父はいつもだいたい大したことを言いません(笑)
酔っぱらうと敬語になり、長時間にわたり、しじみのような目で
色んな知識を話し出すんですが、
だいたいは状況と合わない。

何言ってるのよ!!と母に怒られる。
を私の実家では繰り返してます。

でも、父からもらった言葉でずっと感謝している言葉があって
こういうときはいつも思い出してます。

「親友というのは立て板に水を流すようにさらっとしている人のこと」

いいときも、つらいときもベタベタじゃなく、さらっと。

このさらっとが大事なんだといつも思っています。

ずっとこの言葉は大切にしています。

私にできることそれは楽しく笑顔で作品をつくること。
感謝すること。
感謝を伝えること。
ずっと一緒にいること。
それを伝えること。

それだけなのかなあと。

私が数年前人間関係で落ち込んだとき、私の大切なサークルの友達は
いつも通りの対応でいてくれました。

紙をハサミできりながら、くしゃくしゃにしながら
2年ぐらい(ながすぎ!!)
元気になるまでそばにいてくれました。
さりげなくさらっと。

私が講習決まったときは二つ返事で手伝ってくれ、
自信のない私を勇気づけてくれました。

でも、何人もいるサークル。なんにもない訳じゃありません(笑)

マルシェに参加するようになり、メンバーの中から有資格者が誕生し、
講習をさせていただく機会をもらい

考え方の違いがぶつかり、たくさんの事が通りすぎました。
作品も迷ったり、売り上げゼロの心がおれそうなマルシェもたくさん。
ギリギリの状態で作品を産み出すことも。

でも、「親友」たちはさらっとしてました。
次は何作ろうか?

そして一人のメンバーが呟いた「長寿サークルめざすんだ」

私たちはものづくりが好きという一番大切なところでつながっているから
ずっと友達なんです。

だから、サークルだけじゃなくて
クラフトを通して知り合った友達も大切な友達

私のなかでは楽しく作品を作ることが好きな友達は
大切なクラフト仲間なんです!

色々なことがあったとき
クラフトで笑顔になることを祈りながら毎日すごしています。

迷うこともたくさんありますが
どうか私たちの活動をあたたかく見守ってくださることを
ただただ願います。

SCRAP+HAPPY!!

KEIKO


人気の投稿